福岡大、初決勝ならずも健闘 OB堀監督「新たな歴史」

西日本スポーツ

 ◆全日本大学野球選手権準決勝 福岡大0-2福井工大(12日、神宮)

 福岡大(九州六大学)は福井工大(北陸大学)に競り負け、初の決勝進出を逃した。

 先発の藤松亮輔(4年・西日本短大付)が初回に1点を先制された後、2~7回を無失点に抑えて反撃を待ったが、8回に致命的な追加点を献上した。

 打線は再三、得点圏に走者を進めながらも1点が遠かった。

 それでも、初めて1大会2勝を挙げ、4強入りも初。歴史を塗り替え、OBでもある堀監督は「福岡大の野球部で二つ勝てない壁を自分たちでつくり上げていた。学生たちがそれを感じさせず、リーグ戦通りの雰囲気で戦い、新たな歴史というか、新たな階段を見せてくれた。OBとしても頼もしく思うし、もう一つ上に行けるように、常に戦えるチームを作りたい」と振り返った。

PR

大学野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング