高橋純、故障後初シートで147キロ 16日3軍戦で実戦復帰

西日本スポーツ

 右手骨折でリハビリ中の高橋純が筑後のファーム施設で故障後初めてのシート打撃に登板した。

 打者10人に42球を投げ、安打性の当たりは1本のみ。最速は147キロをマークした。「違和感はなかったし、何球かは手応えのあるボールもあった。元の状態に戻す以上に、もっとレベルアップして復帰できるよう取り組んでいきたい」。

 16日の西部ガスとの3軍練習試合で実戦復帰し、1イニングを投げる予定。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ