マルティネス7回2失点、好投も6勝目逃す

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク2-4ヤクルト(12日、ペイペイドーム)

 先発のマルティネスは、好投しながらも今季6勝目を逃した。2点の援護をもらい、5回までは5三振を奪うなど無失点。だが6回1死から山田に右翼ポール直撃のソロ本塁打を浴びると、続く7回には先頭のサンタナに左中間二塁打を許し、1死三塁となって中村に中前同点打を浴びた。

 7回を被安打8、2失点。「6回までは何とか粘って投げることができたが、最後は粘り切れなかった」。黒星こそつかなかったが、リードを守れなかったことを悔やんだ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ