福岡大先発の藤松、超強力打線に8回途中2失点の好投 監督「頼もしく見えた」

西日本スポーツ

 全日本大学野球選手権は12日、神宮球場で準決勝2試合が行われ、福岡大(九州六大学)は福井工大(北陸大学)に0-2で敗れ、初の決勝進出を逃した。永江大樹主将(4年・東福岡)が準々決勝で右肩を脱臼したチームは、先発の藤松亮輔(4年・西日本短大付)が8回途中まで2失点と好投したが、好機であと一本が遠かった。それでも、初めて1大会2勝以上と4強入りを達成。新たな歴史の扉を開いた。

 福岡大先発の藤松は敗れたものの、8回途中まで被安打6、2失点の好投だった。初回にいずれも不運な当たりの3安打で1点を先制された後、7回まで無失点。8回に先頭からの連打で痛恨の2点目を献上し「最後の方で相手の方が上回った」と悔やんだ。それでも、準々決勝で大会最多タイ記録の17得点を挙げた相手に堂々と対峙(たいじ)。堀監督は「4年生として頼もしく見えた」とたたえた。

 2回戦では共栄大に完封勝利を挙げ、エース村上(3年・九産大九州)との二枚看板で快進撃を支えた。この日は笑みも目立った右腕は「野球が好きで、楽しむことを一番にやっている。自分らしく楽しんで笑顔になった」と充実感を漂わせた。

PR

大学野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング