甲斐野「後は出力」と課題 最速153キロ1回無失点

西日本スポーツ

 ◆ウエスタン・リーグ 阪神3-8ソフトバンク(12日、甲子園)

 右肘手術からの復活を目指す甲斐野が12日、ウエスタン・阪神戦の7回に3番手で登板。

 四球と2安打で2死満塁とされたが、中谷をこの日最速の153キロで三ゴロに打ち取り、1回無失点に抑えた。「ボールはまとまってきている。後は(ボールの)出力の問題。ちょっと上半身だけで投げてしまっている」と真っすぐの球威を課題に挙げた。28球中、真っすぐでの空振りは1球だけで、倉野ファーム投手統括コーチも「1年のブランクもあるし、現状ではまだ次のステップに進めない」と“本格モード”に至っていないという認識を示した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ