イージーミスで負け越し決まったソフトバンクの交流戦 工藤監督「明日で終わるので」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク2-4ヤクルト(12日、ペイペイドーム)

 イージーミスが「命取り」となった。同点で迎えた8回。2番手で登板した板東は先頭の青木をボテボテの二ゴロに打ち取ったものの、3試合ぶりに二塁手で先発出場していた三森の一塁への送球が高くなった。打者走者の青木は足から一塁へスライディングし、送球をキャッチした一塁手の中村晃が必死にタッチを試みたが、判定はセーフとなった。

 直後に工藤監督はリプレー検証を求めたが、判定は変わらず。続く3番山田にこの日2本目となる本塁打を板東が浴び、痛恨の逆転負けを喫した。工藤監督は「ミスでくよくよしてもしようがない。明日(13日)で交流戦も終わるので、いい形で終われば、交流戦明けからも気持ちよくできると思う。明日は全力でやるしかない」と気合を入れ直していた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ