「ギラギラしてますもん」柳田が成長を心から願う他球団のライバル候補

西日本スポーツ 山田 孝人

 ソフトバンク柳田悠岐外野手(32)が12日のヤクルト戦で史上110人目の通算200号本塁打を記録した。

 ◇ ◇ ◇

 昨季自身2度目のリーグMVPを受賞。充実のシーズンを過ごし、さらなる高みを目指して臨んだ今年、佐賀県嬉野市での自主トレーニングで本格始動した。だがアクシデントに見舞われる。走り込み中にアキレス腱(けん)を痛めた。体の面で思うような練習はできなかった。

 それでも、心の自主トレは実りあるものになったようだ。ともに汗をかいたロッテの安田や藤原ら若手の存在だ。特に安田は同じ右投げ左打ち。より一層感じるものがあったのだろう。

 聞かれれば何でも答え、懇切丁寧に助言するオープンな男だが、嬉野での様子はいつもと違った。自ら連日安田のそばに行き、身ぶり手ぶりを交えて熱心にスイングを指導。極めて珍しい光景で、特に構えについて熱く語ったという。“ライバル”候補でも関係ない。認めた逸材の成長を心から願っていただけだが、こうした時間を過ごす中で自身の心には良好な刺激がもたらされていたようだ。

 今もロッテ戦時は熱い視線を向ける姿が見られる。「本当にギラギラしてますもん。そういう気持ちがすごく大事だから。負けないようにもっともっと」。嬉野で若き才能からもたらされた心の「養分」も糧として通過点の節目に到達。王会長が「肉体的にも(あと)10年はできる」と太鼓判を押す規格外のスラッガーは、トップランナーとして走り続け、後進の道しるべとなる。(山田孝人)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ