ソフトバンク三森にまた災難 5日間で2度の顔面直撃

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-ヤクルト(13日、ペイペイドーム)

 「2番一塁」でスタメン出場したソフトバンク三森の受難がベンチをヒヤリとさせた。

 初回1死から四球で出塁。2死後、柳田の5球目に二盗を成功したが、際どいタイミングでスライディングした際に、二塁の手前でワンバウンドした捕手の古賀の送球が顔面を直撃。その場にうずくまったまま、もん絶した。

 ベンチからトレーナー、小久保ヘッドコーチらが駆けつけ、いったんベンチへ下がり治療を受けた。送球が当たったとみられる鼻の右側は腫れ上がっていたが、すぐにグラウンドへ戻りプレーを続行した。

 三森は9日の広島戦の3回に二盗に成功した際も捕手会沢のワンバウンドした二塁送球が顔面に当たり、その場でうずくまったが、大事には至らずプレーを続行して、次の球を柳田が右中間への本塁打にした。

 今回は続行後の次の球で柳田が空振り三振に倒れ、4日前の「再現」はならなかった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ