ソフトバンク和田が今季最多タイ6失点で5回途中KO 交流戦歴代単独トップの通算27勝ならず

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-ヤクルト(13日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクの先発和田が今季最多タイの6失点と乱れ、5回途中でKOされた。

 初回に先頭塩見から3連打を許し先制点を献上したが、2、3回と2イニング連続で三者凡退。立ち直ったかに見えた。

 ところが4回に再び乱れた。無死一塁で村上に甘い変化球をバックスクリーン右への2ランとされ、宮本にも適時二塁打を許して3失点。5回は1死一塁で山田に低めのチェンジアップを左翼席中段まで運ばれる2ランを浴び、ここで工藤監督が2番手松本への交代を告げた。

 交流戦歴代単独トップの通算27勝目を目指していたベテラン左腕は無念の降板となった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ