西武呉念庭、得点圏打率は12球団トップの5割2分4厘 広島戦でも先制タイムリー

西日本スポーツ

 ◆広島-西武(14日、マツダスタジアム)

 4番の呉念庭が先制の右前適時打を放った。

 4回無死一、二塁。藪田の変化球を右前にはじき返し、二走金子をホームに迎え入れた。

 13日の中日戦(メットライフドーム)は決勝適時打を放つなど勝負強さを発揮。今季得点圏では42打数22安打で12球団トップの得点圏打率5割2分4厘と恐るべき数字を残している。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング