連勝ストップの西武が交流戦を勝率5割で終了 山川の6年連続2桁弾も空砲 パ記録に王手の平良は登板機会なし

西日本スポーツ

 ◆広島5-3西武(15日、マツダスタジアム)

 投手陣が踏ん張り切れなかった西武が広島に競り負けて、連勝が「3」でストップ。交流戦を7勝7敗4分けの勝率5割で終えた。

 8連戦のラストを託された先発松本は4回を5安打2失点。初回に1点を先制されると、同点の4回には併殺崩れの間に1点を勝ち越され、直後の5回の攻撃で代打川越を送られて交代。その川越が大瀬良から同点の2号ソロを放った。

 直後の5回に2番手宮川が1点を勝ち越された。7回に山川が大瀬良から6年連続2桁本塁打となる10号ソロを放って追い付いたものの、8回にギャレットが宇草に決勝2ランを被弾。9回は栗林に封じられた。

 34試合連続無失点のパ・リーグ記録に王手をかけている平良の登板機会はなかった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング