高橋純、最速148キロも「150キロ出さないと」 1カ月半ぶり実戦で1回無失点 

西日本スポーツ

 右手骨折からの復帰を目指すソフトバンクの高橋純が17日、1カ月半ぶりの実戦で1回無失点と順調な調整ぶりを示した。

 九州アジアリーグ・火の国サラマンダーズとの3軍練習試合(タマスタ筑後)の7回に登板し、14球で三者凡退。最速は148キロをマークした。

 「(最速を計測した)1球だけ力を入れたけど、150キロ台に乗らなかった。1軍の中継ぎ陣に加わるには最低ラインだと思うし、もっとレベルアップしたい」と貪欲だ。

 状態に問題がなければ18日から2軍に合流する右腕は「オールスター前に1軍へ食い込むくらいの気持ちでやらないと、(1軍登板がなかった)去年と同じになってしまう」と意気込んだ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ