初日メイン西は清水、東は吉田勝利 高松宮記念杯 【岸和田】

西日本スポーツ

 岸和田競輪のG1「第72回高松宮記念杯」が17日、開幕した。3日目までは東同士、西同士の対決となる異質の大会。初日メインは4着までが準決権利の白虎賞(西)、青龍賞(東)に進む東西の特選。西の11Rは、清水裕友が松浦悠士マークから終3角で抜け出して勝利。東の12Rは、後方に下げて仕掛けを待った吉田拓矢が10秒7の上がりで捲り追い込んで1着。人気の郡司浩平は直線でコースが狭まって6着に終わり、3連単は75万円を超える大波乱となった。2日目の白虎賞は原田研太朗、青龍賞は山崎芳仁を本命視する。

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング