ソフトバンク千賀、実戦復帰翌日も異常なし 工藤監督「問題がないことが一番」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-日本ハム(18日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクの工藤監督が、17日の3軍戦で約2カ月半ぶりに実戦復帰したエース千賀について言及した。

 左足首の靱帯(じんたい)損傷のためリハビリ組で調整中の千賀は、17日の九州アジアリーグ・火の国サラマンダーズとの3軍練習試合(タマスタ筑後)に先発。4回3安打無失点と貫禄を見せつけ、最速は158キロをマークした。

 工藤監督は翌18日も患部の異常などはなかったことを明かした上で「投げられて、問題がないことが一番。制球や球威はまだこれから」と話し、今後については「チーム全体と個人の状態を見て考えないといけない」と話すにとどめた。

 交流戦は9年ぶりの負け越しを喫したが、仕切り直しとなるリーグ戦再開初戦の日本ハム戦に向けては「交流戦は交流戦、リーグ戦はリーグ戦」と力を込め、切り替えを強調した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ