リーグ戦再開しても貧打のソフトバンク、上沢攻略できず… 石川2被弾に泣く

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク1-2日本ハム(18日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクはリーグ戦の再開初戦に敗れ4連敗となった。

 ホークス打線は湿ったままだった。球団ではワーストの勝率3割5分7厘で11位に沈んだ交流戦からの切り替えを掲げた日本ハム戦。試合はこれまでの流れを引きずるような展開となった。

 工藤監督が「ここ最近はずっと安定した投球を続けている」と警戒していた上沢に、初回から2イニング連続で三者凡退。3回は先頭の柳町が四球で出塁し犠打で得点圏に進んだが、後続が倒れ無得点に終わった。

 先発石川が浅間に先制ソロを浴びた直後の5回は先頭の甲斐がチーム初安打となる中前打で出塁したが、続く柳町がフルカウントからランエンドヒットで空振り三振を喫し、甲斐も二塁で刺されて痛恨の併殺となった。

 交流戦のチーム打率2割3分3厘は12球団最低。対照的にチーム防御率3・04は12球団トップだった。17日には小久保ヘッドコーチが「交流戦は投手に迷惑をかけた。(打線は)責任を感じてやってもらわないと困る」と奮起を促したが、重苦しい流れが続いた。

 7回には力投の石川が石井にソロを浴びて降板。直後の7回2死三塁で上沢のボークでようやく1点を返した。9回も2死一、二塁とチャンスをつくったが長谷川が左飛に倒れ、及ばなかった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ