【九州王国再興へ】山田兄弟が準決切符ゲット 【岸和田】

西日本スポーツ

 日本の西端から、西日本平定へと突き進む。2日目、2予で山田英明、庸平の兄弟がともに3着。勝ち上がりを決めた。すでに準決切符を得ていた山崎賢人とともに、西九州3人が決勝進出への挑戦権を得た。

 2予7Rで、英明は前受け。「位置だけはしっかり取ろうと思った」と、打鐘で上がってきた中四国3車の後位にいた単騎の不破将登をさばいて4番手を確保した。あとは後方の寺崎浩平を警戒しながら捲りを放つだけのはずが、逃げた取鳥雄吾マークの阿竹智史が先に2角番手捲り。「阿竹君が迷わず踏んだのでびっくりした。追いつけずに流れ込みになり、後位の中本君に悪かった」と、別線の強引な作戦に屈した。「5月の落車の影響はないと思うが、状態はあまり良くない。自分のできることをしっかりやる。今回からの新車か、落車する前に使っていたフレームに戻すかは、考えます」と、準決9Rは単騎で戦う。岸和田での宮杯は過去4度出場し優出2回。相性抜群の地で、2着までの狭き門を突破する。

 庸平は「兄貴が準決に乗ったので、自分もと思った」と2予9R、2日続けて北津留翼の後位から勝ち上がりを狙った。「人の後ろにはあまり付くことがないので、しっかり見極めて走ろうと思った。初日にバックを踏んだ反省を生かしてコースを探した」と成長を口にした。終3角、8番手の北津留が外を踏むと、庸平は中へ。最後方から伸びて3着に突っ込んだ。準決11Rでは山崎賢をマーク。今節3度目の番手回りで自らの進歩を証明し、2度目のG1優出を勝ち取る。

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング