今秋ドラフトに名乗り!? 東海大相模高から北九州高に転入した強肩強打の捕手・半場陸/注目の高校球児

西日本スポーツ

 九州の高校球児情報に精通したアマ野球ウオッチャー「トマスさん」が、丹念な取材でリストアップした好選手を紹介する「特命リポート」-。今回は北九州の半場陸(3年)をピックアップします。小学校時代は「ソフトバンクジュニア」で活躍し、中学校時代は硬式の全国大会にも出場した強肩強打の捕手。強豪の東海大相模(神奈川)から故郷に戻り、最後の夏での大暴れを誓う。

捕手・3年

 2015年の年末に宮崎で開催されたNPB12球団ジュニアトーナメント。小学校高学年が中心の選抜チームによる大会で、ソフトバンクジュニアが準優勝した。読売ジュニアに快勝したグループリーグの一戦で、半場のプレーを初めて見た。

 この試合は今秋ドラフト候補の関戸康介(大阪桐蔭高)が最速129キロを計測。現在は150キロ超まで成長した右腕が5回コールドながら1安打完封を飾った。唯一の安打を許したシーンで、三塁を狙った走者を刺した中堅手が半場だった。

 その試合のスコアブックをひもとくと、私は関戸に◎、半場には○の印をつけていた。まだ小さかった選手たちの高校での活躍を楽しみにしていたが、北九州市出身の逸材が関東の東海大相模に進学したと聞いてガッカリしたものだった。

 その半場が2年生になる昨年度から北九州に転入。それを聞いた昨秋にグラウンドを訪れた。がっちりした体からは強豪校でもまれたことがうかがえた。今春の選抜大会で東海大相模は明豊(大分)との決勝を制して優勝したが、そのことも前向きに捉えていた。

 「相模もソフトバンクジュニアで一緒だった簑原英明がいる明豊も応援していました。相模の優勝で、レベルの高いところで野球をやっていたと実感できました」。東海大相模の1年生チームでは、練習試合で中軸を打ち捕手を任されていた。

 ライナー性の速く強い当たりで外野の間を抜く中距離打者タイプ。2ストライクに追い込まれるまで、狙い球を絞り込んで鋭いフルスイングを続ける。その一方で、追い込まれた後は、逆方向狙いのミート力のある巧打者に一変する。

 守備では捕手というポジションに誇りを持っている。周囲がよく見えて状況判断も正確で、走者の緩慢なリードも見逃さない。大きな声でチームを鼓舞する姿には、一番のアピールポイントである「野球に取り組む姿勢」が表れている。

 転入した際は迷ったという。「周りに合わせる」か、それとも「自分の思い通りにガンガンやる」か-。井手下慎司監督は「中心になって引っ張ってほしい」と言葉を掛けた。今夏はその期待に応える大暴れと「北九州高に半場あり」のアピールを楽しみにしたい。

   ×    ×

 ◆トマスさん 趣味のアマ野球観戦は通常の年は年間約200試合に上り、高校野球が8割を占める。取材範囲は福岡を中心に九州一円に及び、豊富な情報量にはプロのスカウトや新聞記者も一目置く。1992年夏の西日本短大付が最後となっている福岡勢の甲子園制覇を願ってやまない。ペンネームの「トマス」はスパニッシュネームだとか。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング