ソフトバンク打線の起爆剤だ 谷川原 初出場初安打初アーチに「最高の形」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-日本ハム(19日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクの谷川原が6年目でのプロ初安打を初本塁打で飾った。

 0-0の5回、日本ハム先発立野のスライダーを右翼席にたたき込む先制の1号ソロをマークした。

 「1打席目は凡退してしまったので、次は絶対打ってやる、という気持ちで打ちました。(先発の)マルティネスが抑えている中で、先制することができて良かった。プロ初ヒットが、ホームランと最高の形になって素直にうれしい」と初々しく笑った。

 谷川原は19日に今季初昇格。即スタメンで1軍初出場を果たしての初快音で、苦しむ打線の「起爆剤」として抜てきした首脳陣の期待に応えた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ