ソフトバンクが9回2死からの栗原の一発で引き分ける 6年目の谷川原はプロ初安打が初本塁打

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク5-5日本ハム(19日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクは1点を追う9回2死で、栗原に同点ソロが出て引き分けに持ち込んだ。

 先手を取ったのはソフトバンク。今季初昇格で「7番左翼」で即スタメン起用された谷川原が、5回に日本ハム先発立野のスライダーを右翼席に運ぶ先制の1号ソロ。6年目でのプロ初安打を初本塁打で記録した。さらに甲斐に二塁打が出て、2死後の5連続四球による押し出しで3点を追加。この回一挙4点を奪った。

 先発のマルティネスは6回無失点と好投。7回は2番手の嘉弥真を送ったが、高浜に3ランを被弾。3番手の津森も渡辺に同点の中犠飛を許した。8回には4番手の板東が浅間に勝ち越しのソロを浴びるなど、救援陣に誤算が続いた。

 1点を追う9回は日本ハムの守護神杉浦に代打バレンティン中村晃が連続三振に倒れて2死となったが、栗原が内角高めの直球を右翼ポール際のテラス席に運ぶ同点の8号ソロ。土壇場で追い付いて、今季12度目の引き分けとした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ