工藤監督4点リード守れず「間違ってはいなかった」谷川原を下げ守備固めは小久保ヘッド提案

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク5-5日本ハム(19日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクは土壇場で5連敗こそ免れたが、連敗ストップは持ち越しとなった。

 昇格即7番でプロ初出場の谷川原が5回に先制ソロ。この回4点を奪ったが、終盤に一時逆転され、9回2死から栗原のソロで何とかドローに持ち込んだ。

 4点リードの7回は殊勲の谷川原らを下げて守りを固めにいったが、救援陣が4失点で追いつかれるまさかの展開。工藤監督は「守りを固めたいということだったんで、僕も『いいよ』と。ああいう展開になってしまったんで正直、あぁちょっと早かったかなと思いましたけど(救援陣は)昨日(18日)もいいピッチングしてたしね。きょうもそのイメージをしっかり持った中で、(小久保)ヘッドが提言してくれた」と振り返り「僕はあれが間違ってはいなかったと思ってます」と続けた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ