J2長崎が「松田マジック」で無敗続く 監督就任から6勝1分け リーグ戦4年ぶり5連勝で5位浮上

西日本スポーツ

 ◆明治安田生命J2第19節 栃木0-2長崎(19日、カンセキスタジアムとちぎ)

 長崎が4年ぶりにリーグ戦5連勝を達成した。松田監督は「みんなの力が結集した成果」とうなずいた。5試合連続無失点という抜群の安定感を発揮し、かつて指揮を執った栃木から価値ある白星を奪った。

 前半30分、都倉が左からのクロスを187センチの長身を生かして頭で押し込んだ。5月29日の山口戦で今季初ゴールを決めて以降、4戦3発。好調なベテランがチームを引っ張っている。

 松田監督の就任以来、7試合で6勝1分けとなり、順位も5位に浮上した。26日の次節はホームで磐田、さらに7月3日にはアウェーで京都と対戦。最高のチーム状態で昇格争いのライバルとぶつかる。2得点に絡んだ加藤聖は「もっと勢いに乗って連勝を伸ばしていきたい」と意気込んだ。

PR

V・ファーレン長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング