ソフトバンク柳田同点弾も相変わらず貧打 9年ぶり7戦勝ちなし

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク1-1日本ハム(20日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクは2試合連続で引き分け、9年ぶりの7試合勝ちなしとなった。

 先発の和田が初回先頭の浅間に3試合連続アーチとなる右越え先制ソロを浴び、なおも1死満塁とされたが野村を一ゴロ併殺に打ち取ってピンチを切り抜けた。打線は5回、先頭の柳田が左腕の加藤から右翼席に同点の15号ソロを放った。

 ソフトバンク投手陣は毎回走者を出しながら、3併殺を取るなど要所を締めた。ただ打線が加藤、杉浦から今季最少タイの計2安打に終わった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ