西武のドラ2ルーキー佐々木「初回は緊張が大きかった」プロ初先発は2球で失点

西日本スポーツ

 ◆西武4-6楽天(23日、メットライフドーム)

 ドラフト2位ルーキーの佐々木は、プロ初先発のマウンドで4回を8安打3失点と苦しんだ。初回は小深田と鈴木大の連続長短打でわずか2球で先制点を与えると、3番浅村にも適時二塁打を許して2失点。4回には9番太田に勝ち越し打を浴びた左腕は「初回は緊張が大きかった。何とか技術でカバーしないといけなかったが、できなかった。自分のパフォーマンスを最大限に発揮できなかった」と反省した。

 ◆欠場 西武の森友哉捕手(25)が23日の楽天戦を欠場した。左肩の炎症のため。22日の同戦でフライに飛びついた際に痛めた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング