白井が逆転で予選トップ グランドチャンピオン 【児島】

西日本スポーツ

 児島ボートのSG「第31回グランドチャンピオン」は26日、準優3番をメインに行われる。白井英治が、逆転で予選をトップ通過。シリーズリーダーの座に就いた。3日目まで首位だった峰竜太は、4日目12Rの着外が響いて2位に後退。3位は白井と同じくオール3連対の高野哲史。前日の5位タイからジャンプアップし、最後の準優1枠を手に入れた。最終ボーダーは5.67まで下降。新ペラ交換のアクシデントを乗り越えた湯川浩司が、18位で予選突破。その湯川に加えて、連勝を挙げた毒島誠、1走で1着が必要だった徳増秀樹と魚谷智之が、厳しい条件をクリアして準優入りを決めた。羽野直也が次点。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング