ソフトバンク先制も一瞬 初回にまさかの展開で連敗

西日本スポーツ

 ◆楽天3-2ソフトバンク(26日、楽天生命パーク宮城)

 ソフトバンクは初回、プロ初スタメンの佐藤直が四球で出塁。ランエンドヒットを仕掛け、柳田が左前打を放つと、楽天・島内のファンブルもあって1点を先制した。

 だが、その裏、ここまで8戦5勝と安定感のある投球を続けていたマルティネスが乱調。安打と2四死球で満塁とされて茂木の走者一掃三塁打であっさり逆転を許した。

 打線は初回の1点先制後に真砂が楽天先発の高田孝の頭部に死球を受けて高田孝が危険球退場。その後の楽天救援陣の投手リレーに栗原のソロ1本に抑え込まれた。

 ソフトバンクは2連敗でカード負け越しが決定。オリックスと首位に並んだ楽天に2ゲーム差に離された。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ