ソフトバンク真砂、頭部死球受けてもフル出場 ベンチ裏で簡易検査受けて

西日本スポーツ

 ◆楽天3-2ソフトバンク(26日、楽天生命パーク宮城)

 5番左翼で先発したソフトバンクの真砂は、頭部に死球を受けながらもフル出場した。

 初回2死三塁、高田孝の抜けた球をヘルメットの左側頭部に受けた。一瞬うずくまったが、何食わぬ顔で一塁へ。トレーナーらに止められ、すぐにベンチ裏で簡易検査を受けたという。工藤監督は「少しでもめまいがするとか、気持ち悪くなってきたとか、焦点が合わないとか、何かあったら必ず言えよと送り出した」と説明した。

 その後も真砂は問題なくプレーし、9回には先頭で松井から中前打を放って好機を演出した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ