東京五輪2種目代表の広中璃梨佳「5000メートルで決勝へ」 陸上日本選手権最終日から一夜明けて記者会見

西日本スポーツ 伊藤 瀬里加

 陸上の日本選手権で東京五輪代表に決まった8選手が28日、大阪市内で記者会見を行った。

 女子5000メートルを初めて制した広中璃梨佳(日本郵政グループ)=長崎県大村市出身=は、既に内定していた1万メートルと2種目で出場する晴れ舞台を見据え、「5000メートルは決勝進出を一つの目標に、1万メートルではどれだけ世界で自分が戦えるかを試す機会に」と意気込んだ。

 トラック長距離2種目の代表権獲得は、所属先の先輩で2016年リオデジャネイロ五輪の鈴木亜由子に続く快挙。今回はマラソンで出場する鈴木と共に練習してきただけに「違う種目だけど練習などで切磋琢磨(せっさたくま)できたら」と話した。(伊藤瀬里加)

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング