4連敗のソフトバンクが空前の混パ演出 「鷹の祭典」初戦で敗れて西武、ロッテと勝率5割の3位で並ぶ

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク2-5西武(28日、京セラドーム大阪)

 恒例イベント「鷹の祭典」の今季初戦で敗れたソフトバンクが今季5度目の4連敗。首位との差は今季最大の3・5ゲーム差に広がり、勝率5割の3位にソフトバンク、ロッテ、西武の3チームが並んだ。

 初回に柳田と栗原の連続長短打で幸先よく1点を先制したが、その後は西武先発の松本を打ちあぐんだ。4回2死一、二塁、6回2死満塁では、松田がいずれも左飛に倒れた。

 前回登板で来日初勝利を挙げ、今回は来日初の中5日で先発したレイも踏ん張れない。3回に高木の適時二塁打で同点とされ、4回は中村の6号ソロで勝ち越された。六回には呉念庭の2点二塁打、山川の左犠飛で3点を失った。

 8回に長谷川の中前適時打で1点を返したが、反撃もここまで。9回は平良の前に三者凡退に終わり、プロ野球タイ記録の38試合連続無失点を「アシスト」してしまった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ