ソフトバンク牧原大が再び抹消…左太もも筋損傷 3年目野村が今季初昇格

西日本スポーツ

 ソフトバンクは1日、左太ももの張りを再発させていた牧原大成内野手(28)の出場選手登録を抹消した。再登録は11日以降。

 牧原は同じ症状で6月4日に出場選手登録を抹消され、同28日に再登録されたばかり。同日の西武戦に2番指名打者で先発したが患部の状態が再び悪化し、同30日に病院を受診していた。

 工藤監督は7月1日の西武戦前に取材対応し、「病院に行って、筋損傷というのが見つかったので。抹消して、しっかり直してもらおうということになった」と説明した。

 代わって3年目の野村大樹内野手(20)が今季初めて出場選手登録された。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ