ソフトバンク二保と阪神中谷の交換トレード成立 福岡出身同士

西日本スポーツ

 ソフトバンクの二保旭投手(31)と阪神の中谷将大外野手(28)の交換トレードが成立し、2日、両球団から発表された。

 グラシアルデスパイネの離脱で得点力不足に悩むソフトバンクは、2017年に20本塁打を放つなど長打力を持つ右打者の中谷の獲得で改善を目指す。阪神は先発も中継ぎも担える経験豊富な二保の獲得で中継ぎ強化を図る。

 二保は福岡県行橋市出身。福岡・九州国際大付高から2009年に育成ドラフト2位でソフトバンクに入団。通算109試合、12勝11敗1セーブ9ホールド、防御率4・32。今季は2試合で0勝1敗、防御率4・76。

 中谷は福岡県小郡市出身。福岡工大城東高から11年にドラフト3位で阪神に入団。通算423試合で打率2割3分、37本塁打、136打点。今季はここまで1軍出場はなかった。

 

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ