中村学園女子の井上華那「自分の剣道」女子個人初V 全九州高校剣道

西日本スポーツ

 剣道の第68回全九州高校大会は最終日の4日、鹿児島県日置市の吹上浜公園体育館で男子団体と女子個人を行い、男子団体は九州学院(熊本)が決勝で長崎南山を破り、3年ぶり(昨年は新型コロナのため中止)14度目の優勝を飾った。女子個人は中村学園女子(福岡)の井上華那(3年)が制した。

 女子個人決勝で、井上は延長開始6秒、鮮やかな面を決めた。初めての九州一だ。

 決勝は錦江湾(鹿児島)の与崎(3年)と対戦。準々決勝、準決勝と2本勝ちして勢いに乗る相手に対し、井上は「自分の剣道をやろうとしか考えていなかった」と身長150センチの体を生かし、延長に入って素早く間合いに入った。岩城監督も「今日の井上は上出来。技の展開が早かった」と納得したような表情でうなずいた。

 3月の全国選抜大会を制した中村学園女子は、3月の選抜大会と3日の全九州大会女子団体を制して勢いに乗っている。全国総体で狙うのは、男女を通じて史上初の5連覇。井上は「残り1カ月、学年問わず指摘し合い、チーム全体の結束力を磨いて総体も優勝する」と誓った。

PR

剣道 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング