ソフトバンク沖縄で連勝貯金2、2位楽天と0・5差 粘りの打線が5得点、レイ5回無失点2勝目 真砂好捕も

西日本スポーツ

 ◆日本ハム0-5ソフトバンク(4日、沖縄セルラースタジアム那覇)

 ソフトバンクが沖縄2連戦で連勝を飾った。引き分けを挟まない連勝は、6月5、6日の阪神戦(甲子園)以来、約1カ月ぶり。貯金2で、首位オリックスとの4・5ゲーム差は変わらないが、2位楽天に0・5差に接近した。

 打線が3日の試合に続いて粘りを見せた。0-0の4回。連続四死球と真砂の右越え打で1死満塁として、甲斐が追い込まれながらも池田の内角カットボールを左前に運んで先制点を呼び込んだ。「食らいつくことができた」と満足そうな甲斐に続き、谷川原も2ボール2ストライクから低めの際どい球を2球見極めて押し出し四球を選ぶ。1点をもぎとった喜びをガッツポーズで表した。

 5回も1死満塁として、明石が追い込まれてからの低め真っすぐを右前適時打とした。前の打席では4回無死一、二塁の場面でバント失敗。「今度は自分がカバーする番という思いで打席に立った」と振り返る一打で3点目を挙げて、先発池田をKOした。

 2試合続けて同じ打順を組んだ。松田を2試合連続でスタメンから外したのは今季初めて。試合前の工藤監督は狙いについて「昨日(3日)しっかりつながったところもあったので変えないでおこうと」と説明。7点を挙げて快勝した3日の同カードは上沢の6四球を生かして4回までに6得点を挙げた。那覇での2試合目もつながる打線のイメージを踏襲して結果につなげた。

 先発のレイは制球に苦しんだが要所を締めて5回無失点で2勝目。守備にも助けられた。3点リードの5回の守りで、中堅手の真砂が1死から浅間の右中間深くへの打球に背走し、腕を伸ばしてぎりぎりでランニングキャッチに成功。真砂は勢いのままフェンスによじ登る格好になり、ガッツポーズを連発した。マウンド上のレイもバンザイ。真砂をたたえた上で、長身を折って一礼して感謝を示していた。

 6回には開幕投手の石川を中継ぎへの配置転換後初めてマウンドへ。2回3分の1を無失点に抑えた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ