阪神からトレードの中谷がソフトバンク入団会見 移籍初戦は古巣戦

西日本スポーツ

 阪神からトレード移籍で加入したソフトバンクの中谷将大外野手(28)が5日、オンラインで入団会見に臨んだ。

 二保旭投手(31)との交換トレードで入団した中谷は地元の福岡県出身でもあり「うれしい気持ち。必要とされることは野球をやっている上で本当にうれしいこと。地元でお世話になった方々にも見ていただける機会が増える。恩返しというか感謝の思いを持ってプレーしたい」と意気込んだ。

 中谷の背番号は13。福岡工大城東高から2011年にドラフト3位で阪神入団。今季の1軍出場はないが、17年には20本塁打を放った実績を持つ。三笠ゼネラルマネジャーは「今季の打撃陣の状態を踏まえて探していた。打線の刺激になる存在になってほしい」と右の和製大砲に期待を寄せた。

 6日から2軍に合流。加入後の初戦は、ウエスタン・阪神戦(甲子園)の予定で、いきなり古巣の本拠地でホークスの一員としてプレーする見通しだ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ