阪神から移籍中谷、福岡来たと思ったらいきなり甲子園へ

西日本スポーツ

 阪神からトレード移籍でソフトバンクに加入した中谷将大外野手(28)が5日、オンライン会見で地元福岡での再スタートへの覚悟を示した。「お世話になった方や友人、親、そういう方々にプレーを見てもらえる機会が増える。恩返しというか、感謝の気持ちを持って試合に臨みたい」と意気込んだ。

 「頭が真っ白になった」という移籍を告げられた直後から、時間の経過とともに気持ちは前向きとなった。「必要としてもらえることは野球をする上でうれしいこと。やってやるぞという気持ちです。いろんな方からチャンスと言っていただいたし、貪欲にいきたい」。やる気に満ちあふれた表情で目を輝かせた。

 背番号は交換トレード要員の二保が着けた13番。日本球界では主に投手が着用するイメージが強いが「A・ロッド(米大リーグのヤンキースなどで強打者として活躍したアレックス・ロドリゲス)が着けていたので、格好いいなというのが第一印象。(ホークスは)常に強いチームなので、その中で自分が試合に出られるように頑張りたい」。6日から2軍に合流し、いきなり古巣阪神戦(甲子園)に臨む予定だ。

   ◆   ◆   ◆

 ソフトバンク・三笠ゼネラルマネジャー「プロスカウトの方から(中谷は)昔からいい選手だと。福岡出身でもありますし、今年の(チームの)打撃陣の状況も踏まえて活躍できる選手を探していた。打線の刺激になるような活躍を期待している。ホークスの将来を担う選手になってもらうべく、他の選手と切磋琢磨(せっさたくま)して、刺激しあって頑張ってほしい」

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ