栗原、初の球宴で質問攻めをもくろむターゲットとは「万能侍」も初出場/同郷オリ吉田正を質問攻め/

西日本スポーツ

 マイナビオールスターゲーム2021(16日・メットライフドーム、17日・楽天生命パーク宮城)の監督選抜が5日発表され、ソフトバンクからは津森宥紀投手(23)、甲斐拓也捕手(28)、栗原陵矢捕手(25)の3人が選ばれた。初出場となる津森は大学時代を過ごした“第二の故郷”仙台での恩返しを誓った。栗原は初出場、甲斐は3度目。既にファン投票などで選出されている柳田、松田を合わせてソフトバンクから計5選手が出場する。

 東京五輪に臨む「侍ジャパン」にも抜てきされている栗原は7年目で初出場となった。「素直にうれしいです。出場は初めてなので、分からないことも多いけど、自分らしさをしっかりと出して、はつらつとしたプレーをしたいです」と表情を緩めた。

 昨季レギュラーに定着して、巨人との日本シリーズではMVPに輝くなど一気にブレーク。大舞台での強さを示した。侍入りの大きな理由ともなった高い万能性も魅力で、本職の捕手のほかチームで主に就く外野や一塁、三塁も守れるマルチぶりも発揮されそうだ。

 対戦したい投手には元ソフトバンクの阪神スアレスを挙げた。球界のスターが一堂に会するだけに学びの姿勢も強い。「吉田正尚さんにフルスイングや高い打率、出塁率(の秘けつ)を聞きたい」と、同郷福井の先輩で侍のチームメートでもある強打者を質問攻めにする。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ