笠谷に「1軍でのチャンスは必ずある」の太鼓判 ウエスタン・阪神戦で6回無失点

西日本スポーツ

 7年目の左腕・笠谷がウエスタン・阪神戦(甲子園)に先発し、6回を4安打無失点と好投した。

 最速153キロをマークするなどストレートの走りがよく6三振を奪い、課題の制球でも2四球にとどめた。

 先月20日の同・広島戦でも8者連続三振を奪うなど好内容が続いているだけに、藤本2軍監督は「先に打者を追い込む投球ができれば、1軍で十分に通用する。これを続けていけば、1軍でのチャンスは必ずある」と断言。若きサウスポーの再昇格が待ち遠しい。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ