くまモンも一緒に「最高かよ」 HKT、熊本復興応援ライブで熱演

西日本新聞 古川 泰裕

 HKT48が9日、熊本市の熊本城ホールであった「熊本復興応援ライブ」に出演し、エネルギッシュなパフォーマンスを披露した。地元・熊本のゆるキャラ「くまモン」も登場、ともに復興へのエールを送った。

 ライブは、2016年の熊本地震と20年の熊本豪雨からの復興を願って熊本市のイベント運営会社が企画。コンサートの収益の一部は復興支援に充てられるという。昨年は新型コロナウイルスの影響で開催できなかったが、今年はメンバーたちの「協力したい」という思いもあり、参加が決まった。

 コンサートは2部制。第1部には14枚目シングル「君とどこかへ行きたい」の「みずほ選抜」が登場。伊藤優絵瑠、宮﨑想乃、市村愛里後藤陽菜乃を加えた16人でステージに立った。体調不良が続いていた武田智加松本日向も元気に復帰した。1曲目の「スキ!スキ!スキップ!」を皮切りに、ノンストップで15曲を披露。1人1曲ずつセンター、またはダブルセンターに立つセットリストを、大汗をかき、肩で息をしながら駆け抜けた。この日が17歳最後のステージとなった水上凜巳花も「こうしてすてきなステージですてきな汗をかいて、最高の1日になりました」と笑顔を見せていた。

 「つばめ選抜」に下野由貴秋吉優花、上野遥、山下エミリー外薗葉月を加えた第2部では、地元出身の田中美久も登場。「早送りカレンダー」など、夏感たっぷりの13曲を披露した。「法定速度と優越感」「最高かよ」の2曲では、くまモンも一緒に躍動。くまモンのダンスがあまりにもキレキレなため、村重杏奈が張り合う場面もあった。最後は復興への祈りをこめ、田中美久センターの特別バージョンで「Chain of love」を披露した。 (古川泰裕)

PR

HKT48 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング