左肩を痛めたデスパイネが再来日後初実戦 2打数無安打もコーチ「痛がるそぶりなかった」

西日本スポーツ

 ◆ウエスタン・リーグ ソフトバンク1-2オリックス(9日、タマスタ筑後)

 キューバ代表で出場した東京五輪米大陸予選の試合中に左肩を痛めてリハビリ調整を続けていたソフトバンクのデスパイネが、再来日後初めての実戦に出場した。2番DHで出場し、2打数無安打に終わったが、大道2軍打撃コーチは「スイングを見ていても痛がるそぶりもなかった。これから状態は上がっていくでしょう」と一安心した様子だった。

 6月25日に出場選手登録を抹消された後試合に出ていなかったバレンティンは、約3週間ぶりの実戦出場。2打席連続三振に倒れた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ