柳田が逆転2ラン、一夜でチームは5割復帰 モイネロも復帰

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク3-1オリックス(10日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手(32)が苦境続きのチームを救った。1点を追う3回に山崎福から逆転の19号2ラン。12試合ぶりとなる7月初アーチが決勝弾となり、連敗を「3」でストップ。順位は4位で変わらないものの、一夜で勝率5割に復帰した。9日に1軍再昇格したリバン・モイネロ投手(25)も約1カ月半ぶりの復帰登板で8回の1イニングを無失点。頼れる主力が攻守で躍動した。

 3連敗中のチームを勇気づける力強い弾道だった。1点を先制された直後の3回2死一塁。柳田の打球は高く舞い上がると、右中間席に吸い込まれた。先発の山崎福の高めに浮いたスライダーを捉えた逆転の19号2ラン。初球を見逃さずにフルスイングした。

 「本当に久しぶりの本塁打なので、素直にうれしい」。6月24日のロッテ戦での1試合2発以来、12試合ぶりのアーチ。恒例イベント「鷹の祭典」で配られたレプリカユニホームの「鷹く!レッド」で染まった球場も一気に盛り上がった。

 チームは前日9日に勝率5割を切り、4月4日以来の借金1で迎えた一戦だった。これ以上の連敗は許されない中で先制を許しただけに「逆転の一打となって良かった」。主砲としての責任感は誰よりも強い男が率直な思いを口にした。

 右翼の守備でも、チームを鼓舞するかのように、熱いプレーを見せた。3回1死一塁で、福田の右翼ライン際にふわりと上がったフライを冷静にフェンスの位置を見極めながらスライディングキャッチ。攻守でチームをもり立てた。

 首位オリックスとは今季最大の5・5ゲーム差。空前の「混パ」から脱落する危機にも直面していただけに、首脳陣も動いた。実績ある松田をベンチスタートさせ、高卒3年目の野村を「7番一塁」でプロ初スタメンに抜てき。遊撃は今宮ではなく高田を入れた。

 小久保ヘッドコーチもナインにハッパを掛けた。「王者としての誇りやプライドではなく、チャレンジャーとしていかないと。このままではペナントで置いていかれてしまう瀬戸際にきている。そういう危機感を持ってやること。『われわれは後半に強いから』と悠長なことは言っていられない」。自身の現役時代の背番号「9」を受け継ぐ柳田が思いを体現した。

 

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ