野村大樹がオリ宮城撃ち!プロ初タイムリー初打点 走塁妨害からの好機生かす

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-オリックス(11日、ペイペイドーム)

 2番一塁に入った高卒3年目のソフトバンク野村がプロ初打点をマークした。

 2試合続けて先発出場。3回2死一、二塁。ここまでリーグトップタイの9勝を挙げているオリックスの先発宮城が1ボール1ストライクから投じた低めのスライダーを捉えて中前への先制打とした。

 チームは宮城と初対戦。一方で野村はウエスタン・リーグで対戦経験もあることから、スタメンに抜てきされた。また2死一塁で一走の佐藤直が飛び出して挟殺されたかに見えたが、一塁手のT-岡田が走路上に立っていたのが走塁妨害と判定され、さらに三森の四球で一、二塁の好機をつくっていた。若タカが見事に首脳陣の期待に応えた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ