ラグビーW杯日本大会で活躍のWTBレメキら規模縮小の宗像サニックス退団

西日本スポーツ

 ラグビーのトップリーグ(TL)、宗像サニックスは12日、2019年のワールドカップ日本代表で活躍したWTBレメキ・ロマノラバら4選手の追加退団を発表した。レメキはW杯ではWTBとして福岡堅樹、松島幸太朗の2人に続く3番手の立場だったが、福岡のけがもあって5試合中4試合に出場(3試合先発)。サモア戦で最優秀選手に選ばれるなど日本の8強入りに貢献した。

 チームは活動規模の縮小方針で、6月28日には日本代表ロックのジェームス・ムーアら13選手とコーリー・ブラウン・ヘッドコーチらスタッフ7人の退団を発表していた。

PR

ラグビー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング