甲斐が不振脱出のマルチ安打 小久保ヘッドの助言効いた

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク8-0楽天(12日、ペイペイドーム)

 打撃不振に苦しんでいた甲斐が、復調の兆しを見せた。

 6回1死でフルカウントから西口の直球を捉え、中堅フェンス直撃の二塁打。6試合ぶりの安打でこの回の2得点につなげると、8回1死では高田萌から中前打を放ち、6月19日の日本ハム戦以来18試合ぶりのマルチ安打をマークした。工藤監督も「いいことだと思う。甲斐に2本出たのはね。(小久保)ヘッド(コーチ)もアドバイスしたみたいだし成果が出たかな」と、扇の要の2安打を喜んでいた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ