西武水上、母親らの前で誕生日登板 デビューから10試合連続無失点

西日本スポーツ

 ◆西武6-7ロッテ(13日、メットライフドーム)

 西武の水上が22歳のバースデー登板を冷や汗交じりで無失点に抑えた。

 2点ビハインドの8回に6番手で登板。2死から二、三塁のピンチを招いたが、藤原を一ゴロに仕留めた。

 育成ドラフト5位ルーキーの水上は、5月に支配下選手登録を勝ち取った。6月11日の中日戦(メットライフドーム)のデビューから10試合連続無失点となった。

 「いつもどおり緊張せずマウンドに上がったのですが、ピンチをつくってしまい、ちょっとやばいなと思いました。でもとにかく森さんのミットを目掛けて投げることに集中して、結果的に無失点で抑えることができて良かったです」とコメントした。

 連続試合無失点については「10試合連続で無失点というところは全く意識していません。平良の39試合に比べたらまだまだですし」と苦笑い。「あと、今日は(自身の)誕生日でしたが、変に意識することなくマウンドに上がれました。今日、お母さんと、いとこと、いとこのおかあさんが3人で観戦に来てくれていました。お父さんは仕事で来られなかったんですけど。誕生日にお母さんたちの前で、ちょっとはいいところを見せられたかなあと思います。お母さん、産んでくれてありがとう」と付け加えた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング