「絶対に勝負してくると思い、長谷川君で」工藤監督

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク2-4楽天(14日、ペイペイドーム)

 -先発東浜が4回で降板した。

 ブルペンは良かったみたいですけど。立ち上がりで自分のボールの感じとかつかんでいる間に、四球がきっかけになって打たれて、自分のリズムをつかめないままになったのかなと。2回はつかみかけたと思ったけど。

 -点差を見ての継投。

 4回までいって、ランナーが出たら代えるというのもあったけど。なんとかしのげと思ったら、しのいでね。あとは、松本君が5回に行って、しっかり抑えたら勝利の方程式を使おうと。万が一、打たれたら高橋礼と甲斐野を呼んでいたのでね。そこから0点に抑えて、逆転をと思っていたんだけどね。

 -8回1死二、三塁の場面で甲斐に代打を送った。

 そうですね。万が一、(四球で)歩かせることもあるけど、相手にとっては逆転のランナーだったので、絶対に勝負してくると思い、思い切って長谷川君でと。二、三塁とか得点圏なら(長谷川で)行きましょうとヘッドにも言ってもらったので決断しました。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ