ナイター競輪発祥の地で夏の祭典開幕 サマーナイトフェスティバル 【函館】

西日本スポーツ

 ナイター競輪発祥の地・函館競輪場(北海道函館市)で16日、3日制ナイターG2「第17回サマーナイトフェスティバル」(優勝賞金1173万円)が開幕する。初日9R特選はSS勢らのほか、松井宏佑、深谷知広のナショナルチーム(NT)2人が出走。本紙は松井マークの郡司浩平を本命視した。予選には1R1番車の佐々木悠葵をはじめ、115期以降が7人参戦。ヤングパワーで大会を盛り上げる。女子トップレーサー21人が集結して、F2「ガールズケイリンフェスティバル」(同264万円)を併催。2日目までは10~12Rでガールズ3個レースが繰り広げられる。

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング