HRダービー投票1位の阪神佐藤輝は初戦敗退、代替出場の西武山川が決勝進出

西日本スポーツ

 ◆マイナビオールスターゲーム第1戦 全パ-全セ(16日、メットライフドーム)

 試合前に行われたホームランダービーは波乱含みの展開となり、代替出場の山川(西武)が決勝進出を決めた。

 第1試合では先攻の杉本(オリックス)が2本にとどまったのに対し、後攻の山田(ヤクルト)が早々と3本。打ち切りで準決勝に進出した。

 第2試合は先攻が山川。当日にマーティン(ロッテ)が腰の張りで出場辞退したため代わっての出場ながら、慣れた本拠地で圧巻の9本をマークした。後攻の佐藤輝(阪神)は同ダービーのファン投票1位の期待を背に打席に入ったが、フェンスに嫌われた打球も多く、4本にとどまった。

 準決勝では先攻の山田が5本。後攻の山川は持ち時間を残して6本を放ち、代替出場から決勝進出を果たした。

 17日に楽天生命パーク宮城で行われる第2戦の試合前には、同ダービー投票パ1位の柳田(ソフトバンク)が登場。初戦で同じ東京五輪日本代表の村上(ヤクルト)と争う。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング