全パ工藤監督「へへへへへ」異例の申告敬遠の意図語る

西日本スポーツ

 ◆マイナビオールスターゲーム第1戦 全パ4-5全セ(16日、メットライフドーム)

 全パを率いる工藤監督(ソフトバンク)が、最終回の1点を巡る攻防を笑顔で振り返った。

 同点の9回、原監督率いる全セは無死一、二塁から中村(ヤクルト)が送りバント。1死二、三塁となった。当たっていた次打者・近本(阪神)に対し工藤監督は、球宴では異例の申告敬遠。球場がどよめいた一幕となった。

 工藤監督は試合後、この場面について聞かれると「へへへへへ」と笑って「勝つことも大事だと思いますけど、あっちの方が盛り上がるのかなと。原さんのバントに対して、僕が、と。辻さんにも井口監督にも聞いたら、ここは満塁でいったほうが、ということだったので」と意図を語った。

 「勝負となれば負けたくない思いもあって。満塁の方が守りやすいしというところで(申告敬遠)させていただいたけど、すいません。益田(ロッテ)君には申し訳ないです」。2死後、押し出し四球で決勝点を許したとあって、益田を気遣っていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ