「あっちの方が盛り上がるかと。原さんのバントに対して、僕が」工藤監督

西日本スポーツ

 ◆マイナビオールスターゲーム第1戦 全パ4-5全セ(16日、メットライフドーム)

 全パのソフトバンク工藤監督がガチンコ采配を見せた。9回、全セがウィーラー、菊池涼の連打で無死一、二塁とすると、中村が犠打。1死二、三塁と好機を広げた。

 ここで工藤監督が応戦。球宴7打席連続安打をマークするなどこの試合で2安打の近本を球宴史上初の申告敬遠し、満塁策を取った。「あっちの方が盛り上がるかと。原さんのバントに対して、僕が。勝負となれば負けたくないという思いもあって」とコーチ陣と相談し、決断したという。

 球宴での犠打は30年ぶりで敬遠は23年ぶり。お祭りムードは一変して緊張感が張り詰める中、益田が2死から中野に押し出し四球を与え、これが決勝点となった。結果的に満塁策が裏目に出た工藤監督は「すいません。益田君には申し訳ないです」とロッテの守護神を気遣った。

 第2戦は楽天の本拠地・楽天生命パーク宮城で開催。「2試合とも(パ球団の)ホームなので、2連敗とはいかない。何とか勝ちたい」と語った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ