ホームランダービーでまさかの死球 吉田正尚の太ももにドスン、投手役の栗原陵矢は…

西日本スポーツ

 ◆マイナビオールスターゲーム第2戦 全パ-全セ(17日、楽天生命パーク宮城)

 試合前のホームランダービーは吉田正(オリックス)が優勝。打撃投手を務めたのは栗原(ソフトバンク)だった。

 捕手登録で内外野をこなし、侍ジャパンでも期待のユーティリティー。吉田正とは、同郷福井の先輩・後輩の間柄だ。初戦は岡本和(巨人)に7本対5本で快勝した。

 村上(ヤクルト)との対戦となった準決勝でハプニング。投球を吉田正の右太ももに当ててしまった。打撃用の投球だけに大事には至らなかったが、何とも申し訳なさそうな顔。それでも気を取り直して6本をマークし、1本差で勝って決勝に進出した。

 山川(西武)との決勝では規定の2分間では決まらず、1分間の延長の末、9本対8本で制した。終わってみれば、何かと“当たっていた”格好だ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ