全セ原監督が球宴でリクエスト!場内どよめく 全パ工藤監督は驚き、判定覆る

西日本スポーツ

 ◆マイナビオールスターゲーム第2戦 全パ-全セ(17日、楽天生命パーク宮城)

 全セを率いる原監督がリクエスト。場内がどよめいた。

 2点ビハインドの7回、日本代表の山崎が無死一、三塁のピンチ。追加点を狙った全パは栗原の二ゴロで、三塁走者の松田が三本間で挟まれタッチアウトとなった。松田にタッチした捕手梅野は続いて、一塁から三塁に滑り込んだ杉本にタッチしたが、この判定はセーフ。すると原監督がベンチを出て、両手でゆっくり、ハッキリと四角を描いた。

 これには全パの工藤監督も驚いた様子で、マスク越しに苦笑い。球審も苦笑を見せた。リプレー検証の結果、判定は覆ってアウトに。再び場内がどよめいた。

 第1戦では同点の9回に全セは無死一、二塁から中村が犠打。全パは次打者の近本を申告敬遠して満塁策をとり、両監督が球宴でも見せる勝利への執念が脚光を浴びていた。原監督はこの試合でも同点の3回の守りで1死二、三塁から前進守備を指示。ここは奏功せず島内に右前2点打を許していたが、勝ちへのこだわりが随所ににじんだ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ